毎日を淡々と歩める強さ…の件

ども、
よしゆき(@yoshiyuki0915)です。

トランプ大統領のお面をかぶって、
約200名ほどの方々の前で、
セミナーをしてきたり、

地元にある焼き肉屋で、
ひとり食べ放題というチャレンジをしてみたり。

最近は、
既成概念にとらわれずに、
様々なトライをすることができております。

コロナ禍となり、はや半年・・・

まさか、
このように世界が激変するとは、
2020年に入った頃には想像も付かず、

まさか、
オリンピックが開催されないなどとは、
夢にも思わず、

ということでしたが、
現在のところは、ネットを駆使する僕の仕事は、
ダイレクトには影響を受けておりません・・・

が、
最近思うのは、
今まで以上に、ストレスに負け越している人が増えている、
ということです。

もちろん、
今までもストレス社会と言われていましたし、

・ライフワークバランスだとか
・ホワイト企業だとかブラック企業だとか
・モラハラやらパワハラやらだとか

まぁ、
色々なストレスが社会にはあるわけですが、
うまく、言葉にはできませんが・・・

今まで以上に、
心のケアというものが大事になっているのでは、
ということを、この半年思いながら生きてきました。

人と接触することが極端に減り、
ストレス発散の一つの重要な選択肢はなくなったわけですから、
当然と言えば、当然だと思います。

企業経営においても、
様々な企業が、様々な変化を必要とされ、
当然、そこで働く人たちも変化をせざるを得ないわけですが、

・仕事上でも
・私生活上でも

やっぱり、
変化に慣れていない人は、辛いですよね。

何かに寄り縋りたくもなるわけだし、
その寄り縋りたいと思った何かですら、
あっという間になくなることもあるわけだから、不安は増します。

こういう時には、
僕は、淡々と、前に行動を進めることが、
一番の薬だと思います。

この先、
今のままでいいのか、ということを考えて生きてきた、
という人は多いと思うのだけど、

コロナ禍になり、
今まで自信満々に歩んできた人だって、
ある意味真っ白になったという人もいるくらいだし、

このような、
ウイルスによる世界の変化というものが現実として「あるんだ」と、
そういう経験をしてしまったら、

今までの日常がこの先当たり前に続くだなんて、
心配してもしなくても、なる時はなる、
といいますか、

もう、
ある意味淡々と歩んでいくしかないのでは、
と、思ったりします。

淡々と歩む中でも、
楽しさ、幸福感などは、感じられたらいいな、と思うわけですし、
少しでも笑顔にあふれた毎日が過ごせたらいいなと思いますが、

僕が、
トランプ大統領をかぶってみたりしたのは、
1人でも、または、パラパラとでも、

会場で笑ってくれる人がいればいいな、
と思ったからです。(怒る人もいるかもね)

ということで、
毎日を淡々と歩む強さー

これが大事だと思います、今はね。

最近、
大事だと思うことを動画にしました。
興味がある方は是非。

では!

関連記事

  1. 2020年の豊富

  2. 日本株と米国株の有望銘柄を発見する方法

  3. 本を出します。

  4. 2019年を振り返る。

  5. パネルになった件@ブックスタジオ新大阪店

  6. 本が重版になりました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

高橋慶行の著書