語彙力で収入が決まる。

よしゆき(@yoshi0418)です。

こうやって文字を書いていたり、
動画のシナリオまとめていたり、
人と話していたりと、

僕の仕事のほぼ100%は、
言葉と共にあるわけであって、
これは僕だけではなくて、
多くの人が同じだと思う。

もちろん、
無言で作業をしなければならない、
そういう仕事をしている人もいるだろうし、
一概には言えないわけだけど、

ズバリ言いたいのは、
語彙力というものが、
その人の収入を左右する
と言っても、
過言ではないと僕は、思う。

(僕が高い、という意味では決して、なく)
(周囲の人の傾向の話ね)

例えば、
難関資格というものがあるけど、
苦労して取得したにもかかわらず、
お金に苦労する人は、実は、かなりいる。

というか、
資格を取ったはいいけど、
思うように稼げないとか、
思ったほど裕福ではないとか、
そういう人は年々増えている。

年々そういう人が増えている理由の一つは、
日本経済そのものが停滞している、
ということもあるかもしれないけれども、

日本経済が停滞していても、
収入が安定的にアップしている人が沢山いる
という事も事実。

そして僕は、
今日の記事では、収入アップの鍵は、
語彙力にある、と結論付けたいわけです。

語彙力というのは、
言葉や単語をどれだけ知っていて、
それらを使いこなすことができるのか、
という力のことなのだけど、

言葉や単語は、
学生でもない限りは意識して学ばないと
知識量は増えないわけだし、

使いこなすことで力が上がると言っても、
アウトプットをする練習を積極的にしないと、
それは身に付きません。

語彙力とか言ってしまうと、
学生時代は国語は苦手だったから無理だ、とか、
今更、タンゴや言葉なんかを学ぶなんて面倒だ、

とか思う人も多いと思うけど、
これがダイレクトに収入アップになるわけだし、

まさにこれは
人間心理とか、人がどうやったら心が動くのか、
とか人間が生きていくうえで必要な「生きる力」の
1つでもあるわけなので、

学生時代の「THE勉強」とは、異なることに、
すぐに気が付きます。

本を読んでいて、
「あ、この表現うまいな」という事があれば、
それをスマホにメモするとか、

電車に乗っていて、
ついつい目が留まった車内広告を、
忘れないようにメモしておくとか、

そういうことの積み重ねが、
意外と語彙力をあげる基礎だったりするわけです。

ようは、
世の中に関心を持つ、
という話にもなる
わけで、
非常に大切な習慣形成にもつながるわけです。

語彙力が上がることによって

・ネットでモノが売れるようになる
・人を動かすことができるようになる
・人に感動を与えることができるようになる
・人を喜ばせることができる
・人の誤解を解くこともできる
・信頼を勝ち取ることもできる
・自分の気持ちを他人に伝えることができる
・収入アップにつながる

など、良いことばかりですから、
ぜひ、心掛けてみて頂きたいと思います。

関連記事

  1. いい経験を積極的にしよう

  2. トライをやめるな。

  3. とにかくやり始める

  4. 【気づき】Youtubeクリエイターキャンプに参加してみた。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

高橋慶行の著書