糖質制限について

よしゆき(@yoshi0418)です。

今日は、
趣味のことを書きます。

実は、身体作りに最近ハマっており、
色々と身体作りについて調べています。

お腹まわり、、、
これがすごく気になったもので調べ始めたのですが、
身体の教養っていうのも、学校では教わらないので、
面白いものですね。

体に蓄えられた脂肪というのは、
大きく分けて2つあるそうです。

一つが皮下脂肪。
もう一つが、内臓脂肪です。

つまめる脂肪が皮下脂肪で、
つまめない脂肪が内臓脂肪だ、
と覚えておくと良いと思います。

そんで、
お腹周りをシェイプアップしたいなら、
ポイントはやはり、内臓脂肪なのです。

内臓脂肪というのは、
実はとても落ちやすいので、
ちょっとしたトレーニングをすると簡単に落ちます。

運動なんて嫌いだ、
という人もいるかと思いますが、
お腹いっぱい食べても、筋トレなどをしなくても、
食事療法をしっかりとすれば、内臓脂肪は落ちます。

糖質制限、
これがキーワードです。

米や小麦は、
なんとなくヘルシーなイメージがあり、
子供にも「米をたくさん食べさせること」という教えもありますが、
糖質は人間にとっては不健康な食べ物でしかありません。

世界的に権威がある、
アメリカ糖尿病学会では、「摂取後、血糖値に直接影響を与えるのは糖質のみであり、
速やかに摂取され、120分以内にはほぼ、100%血糖に変わる。タンパク質と資質は、
血糖に直接影響を与えることはない」と断言しています。

食後に上がった血糖値を下げるのは、
膵臓から分泌されるインスリンだけです。

食後に血糖値が高くなるとk、血糖値を下げるために、
インスリンが分泌され、余分な糖質が内臓脂肪などの体脂肪として溜まります。
そして、体内は糖化が進みます。

糖化が進むと、
最終的には、がん、心臓病、脳卒中、認知症、糖尿病などの合併症なども
引き起こす可能性が高まるとも言われます。

健康の教養も、
これからの時代は本当に重要だと思います。
僕は、趣味で研究し続けていこうかなと思います。

よしゆき

関連記事

  1. 売れるコピーには型がある。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

高橋慶行の著書