9割の日本人を惹きつけるセールスに使えるシナリオ例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(流れ1)見込み客に「自分と同じだ」と思ってもらうところからスタート
ここでは、広告を見た人が「自分と似ている」あるいは、
「これは自分と同じだ」といえる始まりで読み手をストーリーに引き込みます。
見込み客から共感や理解を得られるストーリーを書くことで信頼を得ることができます。


(流れ2)挑戦と失敗の繰り返し
ここでは、抱えている悩みや問題を解決するために、試行錯誤して挑戦し、
失敗を繰り返すというシーンです。戦闘シーンのあるマンガや映画でよくあるパターンですが、
強敵に挑戦するも一向に勝てないというものです。

(流れ3)出会いと新しい発見
ここでは、2の状態で試行錯誤し、
諦めそうになったときに新しい出会いと発見があるという内容にします。
映画などにあるヒーローを助けるためにやってくる強い味方が登場するような具合です。

(流れ4)目標達成と成功
ここでは、3での出会いや新しい発見により、目標を達成し、
成功していく流れを描きます。
今まで成功できなかったのは、これに原因があったからだ…という具合です。

(流れ5)信憑性をもたせるデータや証拠
ここでは、ストーリーに信憑性をもたせるために、データや科学的な証拠を入れます。
ストーリーに真実性がなければ、効果が弱まってしまいます。
したがって、ストーリーが真実であることを証明しなければいけません

(流れ6)他の人も成功しているという事例
ここでは、お客様の声や知り合いの声などを使って、自分だけではなく、
他の人も成功しているという事実を伝えます。
ここではできる限り具体性を持たせるようにします。

(流れ7)最後のひと押し
最後に「次はあなたの番です」、
「購入してください」というように購入を促すような言葉を入れて、最後のひと押しをします。
行動をしてもらうことが、最大の目的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>