【Gmail編】大量のメールから効率よく情報を収集する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、高橋慶行です。

今の時代は、本当に大量の情報がメールで届くと思います。
中には、重要な情報もあれば、たまにチェックだけすればいいものもあれば、
目をしっかり通しておくべきものもあると思います。

あとから図解入りで説明しますが、
整理して分類できるから重要な情報を見逃さない工夫をすることもできます。
たったひと手間の作業で、自分が欲しい情報を効率的に整理された形で受け取ることができるのです。

個人的に思うことは、「そのひと手間の作業」が意外と大事で、
何か物事を成功させたい場合にもこういう姿勢は通じるもので、
こういうことを疎かにすると差がつくものです。

実際に、成功しやすい環境づくりも自分の責任で、
こういうことは誰もやってくれないわけですが、意外と重要です。
今日は、「大量に届くメールから重要なものを整理し見落とさないようにする手順」を教えます。

直感的に「重要メール」を判断できるようになる方法

何もしていないGmailの状態

何もしていない状態のGmailの受信ボックスです。
件名や配信者を注意して確認をすれば分かりやすいけど、色分けなどがされていないので、
直感的に「重要なメールか否か」を判断しにくい。

mail01

検索窓の横にある「▼」を押す

mail13

すると、
詳細設定ができるようになります。

mail02

Fromに「キーワード」を入力する

今回は「高橋慶行」からの配信の場合に、メールが整理される設定にしますが、
「○○というメールアドレスから配信されるもの」など、様々な設定が可能です。

mail03

「検索設定でフィルタを設定」をする

mail04

「新しいラベル」を作り、「ラベルを設定」する

mail05

mail06

mail07

「フィルタを作成」する

mail08

条件に合ったメールがサイドバーに整理されることを確認

mail09

条件に合ったメールの「色分け」設定をする

mail10

mail11

条件に合ったメールが「色分け」されて分かりやすくなったことを確認

mail12

以上で設定完了です。
やるか、やらないかは自由です。
ですが、ほんの細かな設定、ほんの小さなひと手間ですが、
こういう些細なところを疎かにしない姿勢というのは、成功をするうえでとても大切な習慣です。

難しそうに見えても、
やってみれば意外と難しくなかった!
ということもあるかもしれませんので、これを機にぜひチャレンジしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>